夏越の大祓式(半年詣り)のお知らせ 6/30

令和3年6月30日(水)夏越の大祓式を斎行いたします。大祓式とは6月末日と12月末日の年間2回行われる神事で、知らず知らずのうちに犯した罪や穢れをお祓いし、清く正しい心身に戻るよう祈願する神事です。                         人形(ひとがた)をもって家族で堀さまをお参りしましょう。                                ※人形(ひとがた)は当神社で配布しております。ご自由にお受けください。

第一回 大祓式  午後7時~

第二回 大祓式  午後9時~

御参拝は終日可能ですので、分散参拝にご協力くださいますようお願い申し上げます。                            ※新型コロナウイルス感染防止対策を実施しますのでご協力をお願い申し上げます

茅の輪くぐり・・・・本夏越の大祓式は、「茅の輪くぐり」が行われます。茅の輪をくぐって罪・穢れを祓い清め、無病息災・疫病退散を願う行事です。「茅の輪」は終日設置しておりますので、各自ご自由におくぐりくださいませ。                                                                                                            水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶと云うなり(みなづきの なごしのはらえするひとは ちとせのいのち のぶというなり)

鎮火祭神符(一体三〇〇円)・・・・防火防災を祈念した「鎮火神符」を頒布しておりますので、毎年いただき直して火の用心に努めましょう。


今年度より当堀出神社も浅草神社様発信の夏詣(なつもうで)に参画致しました。
6月30日夏越大祓式御参拝お待ちいたしております。

夏詣とは、、
我々日本人は大晦日に「年越しの大祓」で一年の罪穢れを祓い清め、 翌日の元日は新しい年に始まりとして、 その年の平穏を願い神社などに詣でる「初詣」を行います。

その始まりから六ヶ月、 同じく罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」を経て、 過ぎし半年の無事を感謝し来る 半年の更なる平穏を願うべく、 年の半分の節目として、 七月一日以降にも神社などに詣でます。

この新たな習慣を「夏詣」と称して、 我が国の守り伝えるべき風習となるよう、共に育てていきたいと思います。

クリック→新型コロナウイルス感染防止対策実施中